羽生結弦選手もお参りする、晴明神社に行ってきました

関西の神社&お寺
スポンサーリンク

安倍晴明(陰陽師)さんの祀ってある神社です。

京都は一条戻り橋のところにある神社です。

 

その日はおりしも、2月3日(節分祭の日でした)

 

安倍晴明神社と羽生結弦選手

 

 

 

晴明神社にあふれる応援絵馬、羽生参拝に驚いたワケ

 

 

京都・上京区の晴明神社が、2大会連続五輪金メダルを目指す羽生結弦(22=ANA)を支えるスポットになっている。平安時代の天文学者である安倍晴明をまつり、創建されたのは1007年(寛弘4)。1010年を経て、境内には羽生の活躍や健康を願う写真付きの絵馬があふれる。

山口琢也宮司(57)はファンの思いを最も近くで感じてきた。「この夏には女性の方4人が『羽生選手が五輪でメダルを取れるように』と本殿に上がり、ご祈願されました」。今季のフリー曲は2季ぶりの再演となる「SEIMEI」。安倍晴明が主人公の映画「陰陽師(おんみょうじ)」のテーマ曲をアレンジして羽生自ら名付け、15年GPファイナルではSPと合わせての世界最高得点(330・43点)をたたき出した。

神社はすでにパワースポットとして知られていたが、羽生が「SEIMEI」を演じてから絵馬の数が約1・5倍。15年7月には羽生自身が神社を訪れ、約1時間かけてじっくりと境内を回った。山口宮司はその時の驚きが忘れられない。

「失礼な誤解ですが、当時は『スケートばかりする人なんだろう』と思っていました。しかし、晴明公について、あらかじめ非常に勉強されていたんです」

今季のGP初戦ロシア杯前日の10月19日。絵馬に思いを記した女性3人組の1人は、わが子と同世代の羽生を応援する理由をこう言う。

「絶対に人のせいにしないし、自分に厳しい。人としての魅力です。自分に置き換えると恥ずかしくなって、ネットでeラーニングを始めました。日常生活の活力や元気をもらえます」

羽生は今年6月にも神社を訪れた。再演を喜ぶ山口宮司は「晴明公のイメージを非常によく体現されており、1本筋が通ったものを感じます。演じられるべくして、演じられている。羽生選手が演じることで、世界の方にも晴明公を知っていただける。私たちが祈るのは『練習の成果が100%出ますように』ということだけです」と静かに背中を押した。応援する者も、同じ目線から羽生の戦いを見守っていく。【松本航】

◆陰陽師(おんみょうじ) 平安時代から存在した職業。中国を元にした占星術、呪術、暦学などによる陰陽道(おんみょうどう)にたけた専門家。元は朝廷の官職の1つで、安倍晴明は代表的な人物。全ての事象が「陰」「陽」と「木・火・土・金・水」の5要素で成り立っているとする考えで、十二支などのルーツも陰陽道にある。

日刊スポーツ2017年11月3日紙面から

 

羽生結弦選手いよいよ「SEIMEI」で舞いますね。頑張ってほしいです!

そて何よりご無事で、お怪我などされないようにと祈っております。

 

 

安倍晴明神社・節分星祭

 

2月2日の節分祭

厄除けのお願いしてきました。

 

8時から炊き上げがあるとのことでしたが時間がなくていられませんでした。

 

 

午後8時より節分星祭を無事斎行することができました。本殿にて祝詞(のりと)をあげ、追儺の儀を執り行いましたとのこと、これで今年は♪

 

 

安倍晴明神社アクセス

 

実は、私は他に行くところがあって、どうしてもいけなくて、迷ってしまって。

仕方なく時間をつぶしていた時、この神社にであいました。

 

 

すごいパワースポットと聞きます。

そのパワーにひかれたのでしょうか?

 

京都はわかりやすいとはいえ、タクシーに乗って住所を言っても、住所じゃなくて通りの名前を言ってもらわないと。。。。。

といわれました。

まあ、晴明神社なら名前を言っただけでわかりますよね。

ああ、せいめいさんかと近くの人はおっしゃってました。

 

所在地 :京都府京都市上京区 堀川通一条上ル晴明町806
アクセス:
タクシー:京都駅より20分
地下鉄:今出川駅より徒歩約12分
バス:・JR 京都駅より9番「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩約2分・阪急 烏丸駅、地下鉄 四条駅より 12番「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩約2分・京阪 三条駅より1259番「堀川今出川」下車 徒歩約2分
参拝時間 9:00?18:00(無休)
問い合わせ :
社務所075-441-6460 (9:00~18:00)
HP:
晴明神社公式サイト

 

 

 

安倍晴明は実在の人物だった!?

 

 

安倍晴明(920年頃~1005年)は平安時代(794年~1185年頃)、陰陽師の中で最も力のあった人物として実在した人物です。また、天文博士でもありました。

そのころの陰陽師は国に在籍した官職という地位があり、安倍晴明は疫病や天災から平城京を救ったとされています。

平安時代の陰陽師の中でも安倍晴明が出世し、後世の残るほどになったのは

一人しかいなかった天文博士であったこと。
花山天皇のひどい頭痛の原因を言い当て、鎮めたことで天皇の信頼を得たこと
藤原道長に降りかかろうとする怨霊を見破り、救ったこと。
また、東寺は平均寿命でも50歳ほどだったのに対して、晴明は85歳まで生きたこと

などと言われていますが、何より式神(鬼)あやつり、それらの逸話がその後の文献に記されているのです。

 

平安時代(794年~1185年頃)

に陰陽師の中で最も力のあった人物として実在したのが、天文博士でもあった安倍晴明(920年頃~1005年)です。平安時代の陰陽師の地位は、国に在籍した官職となっていて、中でも安倍晴明は疫病や天災から平城京を救ったとして有名です。

平安時代の陰陽師の中でも安倍晴明が出世し、後世の残るほど有名になった理由があります。

 

 

晴明神社で目を引くのは「魔除けの呪符」の「五芒星」

陰陽道の元となっているのは、古代中国で生まれた「陰陽(いんよう)五行説」です。

陰陽五行説では、すべてのものは二つの「気」から出来ていてそれが「陰」と「陽」から出来ているという考え方が基本にあります。

そしてその二つの陰と陽に加えて、金・水・木・火・土の5つの元素ですべてのことが説明できると考えられていました。

その5つの元素を結んだ形を表しているのが、晴明神社の第一鳥居のお印にもある「五芒星」なのです。

 

 

 

 

羽生結弦選手に関連する神社が関西に2つもあるなんて感激ですね。

羽生結弦選手ファンの聖地「弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)」オリンピックのたびに安全と成功を願って、アクセス、地図など
関西テレビ「よ~いドン」でも紹介された羽生結弦選手のファンの聖地と呼ばれている神社をご紹介します。 弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ) オリンピックのたびに、また大きな大会のたびに彼の演技が注目されるわけですが、ファンとして...

まとめ

 

そこに行こうと思っていくときもありますが、神社などふっと立ち寄ったところにひかれてしまうことがあります。

この晴明神社もそうです。

呼ばれたという感じでした。

すごくご利益もらったというかんじではなく、この日に行われる厄除けの行事で、払ってもらったという、何となく気持ちが楽になりました。

 

その後、ちょっといいことがあった(笑)ので

 

ヤッパリ厄除けのせいか、せいめいさんか!

 

羽生結弦選手も彼のすべての力をだして舞ってほしい♪と願っています。

晴明さんよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました